昨日は、午前中は、長男のなぎなた教室の体験の付き添いへ。(なぜかなぎなたに興味を持ったのですが・・・。)午後に晴れ間が見えてきたので、長男と次男を連れて近所の高松の池に買ったばかりの「NIKON D3200」を持って撮影に行ってきました。

持っていったレンズは、全てDXフォーマットAF対応の以下のレンズです。

この2本で試し撮りをしてみました。

takamatunoike001takamatunoike004takamatunoike002takamatunoike003

子供2人を連れてでしたので、バタバタと撮影をした感がありました。(撮影を開始すると次男が走り回って大変でした。)18−55mmは大口径レンズのため、ボディが軽くてもレンズで重さは増しましたが、D80の時に比べて軽く、子供を連れてのおさんぽ撮影には非常に便利だと感じました。55-200mmに関してはレンズ自体も軽いのでこの2本を常用に使うことになりそうです。(他のレンズはMFになるので、三脚持参でじっくり一人で撮影する時でないと無理ですね。)手振れ補正もかなり効果があるので、手持ち撮影も楽にできそうです。(↑の写真で55−200mmは全て手持ち。)VRをONにし忘れた写真もありましたが、ブレてました。

センサー系はD80の2倍以上の画素数になったので、望遠で撮影でトリミングしても画像の劣化は防げそうです。

 

来週の連休でも色々試してみようと思います。