こまめブログlenovo ideaPad s130さんのtwitterでのプレゼントで当選したLenovo ideaPad S130になります。スペックは以下の通りになります。


【スペック】
OS Windows 10 Home (64bit)
CPU  Celeron® プロセッサー N4000 1.10GHz
RAM 4GB
SSD  128GB PCIe M.2
USB USB3.0 2ポート typeC 1ポート
HDMI 1ポート
ヘッドフォンジャック
無線LAN IEEE 802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth v4.0
microSDメディアカードリーダー
マイクロフォン
ステレオスピカ―
内蔵カメラ
【外観】
天窓はミネラルグレーで見た目は格好いいデザインなんですが・・・。
残念ながら裏はプラスティック製です。(裏面だから気にしなくていいと思いますが・・・。)
【左右のポート関係】

右サイドには、

USB⒊0ポート(logicoolのマウスのドングルが付いているところ)

ヘッドフォンジャック

microSDカードリーダー

があり、

左サイドには、

ACアダプタ

USB⒊0ポート

HDMI端子

USB⒊0 type-cポート

があります。

【モニター関連】

11.6インチの光沢なしの液晶ディスプレイで最大表示解像度が、1366×768なので最低限のスペックになります。そのため、画像補正ソフトでは、操作パレットを表示させないといけないため、扱いづらく感じます。

NIKON Capture NX–Dでは、操作パレットやサムネイル等を表示させるとプレビュー画面が小さいです。LightroomやPhotoshopであればさらに扱いづらいです。さらに、処理速度に関してはやや不満を感じました。使えないレベルではありませんが、RAW現像の処理に関しては不満を感じました。

【キーボード周り】

私が一番キータイピングで重要視するのが打撃感です。アイソレーションキーボードですが、打撃感、キーの押した感覚が指に伝わり、個人的には打ちやすく感じました。ThinkPadのキーボードとはいきませんが、ThinkPadのメーカーだけあって個人的には高評価のキーボードです。

ひとつ気になるところは、Backspaceキーの上に電源ボタンがある点です。間違って打ちそうかなあと思ってしまいます。実際、キーボードを打ってみましたが、間違って押すということはありませんでした。


【総評】

どんな人に向いているPCかといえば、持ち運び用のサブPCとしての利用しかできないと思います。CPUがセレロンということもあり、メインPCとしての利用は避けた方がいいと思います。価格も安いこともあり、ある程度割り切って使用する方向けです。処理的にも文書処理等の書類作成、インターネットとメールという方向けでしょうね。blog更新もできますが、私のようにRAW現像した写真をアップするのような方向けではないです。それでも割り切って持ち運び用で使うというのであれば購入してもいいかもしれません。


【余談 ゲームはできるの?】

所有していて、できそうなゲームを試してみました。

 Sid Meier’s Civilization V ゲームは起動可能で、少し遊んでみましたが、問題なさそうです。

みんなのA列車で行こう 元々低スペックPCでも動作可能なゲームでしたので問題なく起動しました。

ノベルゲームは、シュミレーションゲーム程度であれば動きそうです。