Windows11非対応パソコンにWindows11をクリーンインストールしてみた。SONY VAIO E(VPCEB18FJ)

PC
最初の画面

先日ハードオフでDDR3 2GBを550円で入手したこともあり、

ハードオフのジャンクコーナーから救出 SONY VAIO VPCEB18FJ
みんな大好き?ハードオフのジャンクコーナーから、憧れのSONY製VAIOノート「SONY VAIO VPCEB18FJ」のACアダプタ、HDD、RAMなしで1,650円で救出してきました。 SONY VAIO VPCEB18FJ のスペッ...

以前、修理したSONY VAIO Eシリーズ(VPCEB18FJ)にWindows11を導入してみました。ちなみにこのPCはWindows11非対応パソコンです。

SONY VAIO E(VPCEB18FJ)のスペック

CPU インテル Core i5-430M プロセッサー (2.26 GHz)
ディスプレイ 15.5型ワイド(16:9)
解像度:1366×768ドット
[VAIOディスプレイ]
メモリー 4GB(2GB×2)
SSD グリーンハウス 128GB
ドライブ ブルーレイディスクドライブ
(DVDスーパーマルチ機能搭載)

3GBだったメモリを4GBにHDDをSSDに換装してクリーンインストールします。

インストール方法

Windows11非対応パソコンのため通常の方法ではインストールできません。

【自己責任】Windows11のインストールUSBを作成してTPM非対応のPCに新規インストールする手順(TPM認証回避)
Core2 DuoのPCにWindows11をインストールすることに成功しました。この記事では、Windows11のISOイメージファイルを作成する方法とTPM認証を回避する手順を解説します。

参考にしたサイトは↑です。

まずはインストール用のUSBを作成します。

Windows 11 をダウンロードする

マイクロソフトのサイトからダウンロードします。

BIOSでUSBブート設定として再起動

最初の画面。表示されたままの設定で「次へ(N)」をクリック

「今すぐインストール(I)」をクリックして進めます。

ライセンスキーの入力画面が出ますが、このPCは既にWindows10でデジタル認証済みなので、「プロダクトキーがありません」をクリック。

インストールするOSを選択して、「次へ」をクリック

このPCではWindows 11 を実行できません  となった場合の対処方法

「このPCではWindows 11 を実行できません」と表示された場合、TPM2.0とSecureBootを回避してインストール続行するため、レジストリを手動で書き換えをします。

 

ShiftとF10キーを同時押ししてコマンドプロンプトを起動します。「regedit.exe」と入力しEnterを押します。

 

レジストリエディタが起動し、コンピュータ\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup下に「LabConfig」キーを追加します。これは、「setup」を右クリックして、新規→キーをクリックすることで作成できます。

先ほど、作成したLabConfig下に「BypassTPMCheck」と「BypassSecureBootCheck」の2つのDWORD (32ビット)値を新規設定し、値のデータを「1」にします。これでセットアップ時のTPM&セキュアブートなしでもインストールをするそうです。

一度セットアップを終了して、再度セットアップを進めます。

インストールが開始されました。

無事インストールが完了しました。「Windows Update」も正常に実行されています。

使用してみての感想

初代core-iシリーズですが、かなりサクサク動いています。

自宅にある対応PCをWindows11へアップグレード。未対応PCはアップグレードできるの?→一応できます。(2021年11月15日更新)
自宅にある対応PCをWindows11へアップグレード。未対応PCはアップグレードできるの?(2021年10月9日更新)2021年10月5日よりWindows11がMicrosoftからリリースされました。自宅にある唯一の対応PCをWindows11にアップグレードしてみます。Windows11を初めて使ってみての感想

Window11対応PCには10の上書きアップグレードでしたが、クリーンインストールの今回のVAIOでは高速に動作している印象を受けました。Window11は動作は早いと思います。

非対応PCでのWindows11のインストールは、必ず余っているPCでやってください。自己責任での使用になります。このSONY VAIOもジャンクからの修理品だから試してみたのです。非対応PCであれば、Windows10で使用して、2025年前にWindows11のパソコンに買い替えをしたほうがいいですよ。

SONY VAIO E(VPCEB18FJ)でOSインストール時に入らないドライバを探す。

Windows10をインストールの時も4つほどインストールできないドライバがありました。

①PCI シンプル通信コントローラー

②不明なデバイス

③不明なデバイス

④基本システム デバイス

Windows11にするにあたり探してみることにしました。結果、見つけることができました。

Sony VPCEB18FJ Drivers Download for Windows 10, 8.1, 7, Vista, XP
Download the latest drivers for your Sony VPCEB18FJ to keep your Computer up-to-date.

↑でドライバが入手できます。Win10用のドライバでOKです。

①PCI シンプル通信コントローラー
「Intel(R) Management Engine Interface」のことです。

②不明なデバイス
「FeliCa Port/PaSoRi RCS956 USB」のことです。

③不明なデバイス
「Sony Firmware Extension Parser Device」のことです。

以上の3つダウンロードできます。

しかし、④基本システム デバイス「Ricoh PCIe SDXC/MMC Host Controller」は、

Ricoh メディア カードリーダー ドライバー Windows 7 (32bit, 64bit/ Vista 32bit, 64bit/ XP) - ThinkPad - Lenovo Support JP
Ricoh メディア カードリーダー ドライバー Windows 7 (32bit, 64bit...

からダウンロードし、ドライバをインストールします。

しかし、それではドライバが当たりません。直接ドライバを設定する必要があります。
①「デバイスマネージャー」を開き、
②「基本システム デバイス」を右クリックする。
③「ドライバーソフトウェアの更新(P)」→「ドライバーソフトウェアの更新(P)」→「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します(R)」→「コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します(L)」→「すべてのデバイスを表示」選択する。
④「ディスク使用(H)…」→「フロッピー ディスクからインストール」から、今回のドライバをインストールした「Driver」フォルダ→「risdxc.inf」選択し、「Ricoh PCIe SDXC/MMC Host Controller」が選択すればドライバを更新できます。

SONY VAIO E VPCEB2AGJ へ Windows 7 をクリーンインストールした際の「ほかのデバイス」にデバイスドライバを適用する
 「デバイスドライバを当ててみた」シリーズ。  今回は SONY のノートPC VAIO E VPCEB2AG…

↑のサイトを参考にさせていただきました。
SONY VAIOの型番は違いますが、近いモデル等にも当てはまる対処法になると思います。リカバリディスクでもあれば、Win7のドライバ一式がSONY VAIOにはあるので、それを使えばいいのですが、ジャンクだと入手できないですからね。

動作するまでかかった経費

SONY VAIO VPCEB18FJ 1,650円

キーボード 1,980円

RAM 2GB 550円

合計 4,180円

コメント

タイトルとURLをコピーしました