確定申告の時期です。私のように会社員にはあまり関係のない話だと思っていましたが・・・。昨年、住宅ローンで自宅の建て替えをしたので、住宅ローン控除のために確定申告をすることにしました。住宅ローン1年目は自分で確定申告をしないといけないのです。(2年目からは会社の方で所定の書類を出せばOK。)

私は建物のみ住宅ローンで建て、補助金等のを使用しなかったので書類作成も比較的簡単だったと思います。

必要書類としては

①住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書

②家屋の登記事項証明書

③家屋の工事請負契約書のコピー

④確定申告書・計算明細書

になります。

①は借入先からなのですが、11月下旬くらいに借入先に電話をして郵送してもらわないといけません。(私はそれを知らずに、1月に電話をして届いていないと問い合わせたところ、そう言われました。)電話をすると3,4日後には自宅に郵送で届きました。

②は法務局に行きます。私は法務局のサイトから登記事項証明書交付請求書をダウンロードして直接法務局に持っていって取得しました。印紙代600円かかります。オンライン申請もできます。

④は国税庁のホームページ「確定申告書類等作成コーナー」で書類を作成しました。意外と簡単に作成することが出来ました。

準備が出来たので、確定申告作成相談会というのが2月18日の確定申告作成会の前にあるという告知が郵送で届いたので行ってみました。

相談会と思って行ったのですが、内容がなんと確定申告の作成会だったのです。会場の職員の方に事情を説明したところ、その場で書類を確認いただき、その場で提出してきました。さらに妻の分がまだだったので、確認書類を入れる封筒が必要だったので、その場で入手し、帰宅しました。

妻の分も、書類を準備作成し、後日、税務署に直接持ち込んで簡単に終了しました。

私の認識では、確定申告は、大行列ができる印象でした。しかし、それは間違いで、大行列は、その場で確定申告書類を作るために並んでいる方で、自力で作ることができる場合は、税務署への郵送や持ち込みで済むことがわかりました。

確定申告書作成会場→確定申告書をその場で作成するところ

なんですね。