iPhone5s docomo版の設定方法です。

iijmioのSIMカードサイズの申請は、ホームページでの申請が必要になります。自分の場合は、今までmicroSIMを使っていましたが、iPhone5sはnanoSIMなのでnanoSIMに変更します。

ネット申し込み日の翌日午前10:00ごろには使用しているSIMのネット接続が不可になりました。

申し込み3日目の午前中に配達という流れです。SIMをうまく受け取りができれば約1日通信ができなくなるという計算です。

変更手数料は税別で2,000円かかります。

SIMが到着したら、iPhone5sにSIMを挿入します。

次に、APNの設定をします。iijmioの場合は、iOS用のAPN構成プロファイルを提供しているので、ダウンロードします。あとはAPNをインストールすれば 完了です。

私は、APNのプロファイルを家の無線LAN環境を利用しましたが、無線LAN環境がない場合は、公共無線LANを利用するか、手動で設定するしかないと思います。(格安SIMの運用を考えるような方で、家に無線LAN環境がない人はいないと思いますが・・・。)

iijmioのメリットでiPhone5sを使うメリットは、

デザリングができる点。一部の端末では、デザリングが出来ない端末があります。所有している、docomo版GALAXYSⅢではデザリング不可になっています。iPadmini2がWIFIモデルなのでこの点は必須条件でした。

iijmioでの速度結果は以下の通りです。

岩手県盛岡市内 AM7:00頃

下り 9.34Mbps

上り 0.90Mbps

※RBB SPEED TEST にて測定。

これ時間帯で変わると思いますね。お昼頃にもテストしてみようと思います。