知人の方から、「FUJIFILM FinePix  S2Pro」を譲っていただきました。

2002年発売の古いデジタル一眼レフカメラです。FUJIFILMでは、今は、ミラーレスのXシリーズを投入していますが、以前は、NIKONのカメラをベースにしてデジタル一眼レフカメラを販売していました。

会社には、初代のS1Proがあり、譲っていただいた知人は、S3Proを所有していました。2000年代、前職の会社で仕事をしていた際に、S3Proを使用していたカメラマンがいらっしゃった記憶があります。s2pros2pro02

バッテリーグリップ付きですが、こちらは、NIKON MB-16を利用しています。合計8本の単三電池で駆動可能です。これは、S2Pro自体が、NIKON F80のボディをベースに作られているからです。しかし、この機種、電池の消耗が激しいうえに、エボルタのような放電が大きい電池でないと、シャッターを切るごとに電池が無いという表示が出て、撮影が出来なくなります。試しに100円ショップの三菱のアルカリ電池を使いましたが、シャッターを切るごとに電池無の表示が出て、シャッターが切れなくなります。(しかし、再度電源を入れると撮影が可能になります。)

以下が作例です。(すべて補正ソフトで補正しています。)

kouyou20161117_01kouyou20161117_02kouyou20161117_03kouyou20161117_04kouyou20161121_01DSCF0001

 

すべてjpgで撮影したのですが、不思議な色味です。赤の黄色が強い感じがしました。撮影用途としてはポートレート系の撮影で、スポーツ写真などの動きがあるもには向いていません。なかなか扱いが難しい機種だと感じます。(2002年発売のモデルですから当たり前だと思います。)

これで、D3200とD80も含めボディが3台所有になります。使っていない、非モーター内臓のAFレンズが2本ほどあり、処分を考えていたのですが、残しておいて良かったです。この機種で使おうかと思います。